メニュー

川上 浩司

川上 浩司(かわかみこうじ)

京都大学教授

医師、博士(医学)。1997年筑波大医卒、米国食品医薬品局(FDA)にて臨床試験審査官、研究官を歴任後、東京大(医)客員助教授を経て、2006年に33歳で京都大教授(医学研究科・社会健康医学系専攻)。2010年京都大学理事補(研究担当)。現在、政策のための科学ユニット長、臨床研究者養成(MCR)コースディレクター、慶應大(医)客員教授等を兼務。臨床疫学、薬剤疫学、健康ライフコースデータの基盤整備に尽力。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME