メニュー

町丸 義之

20歳で東京ディズニーランドへ準社員(アルバイト)として入社。 仕事および人心掌握能力の高さが評価され当時約1万人いた準社員の中から第1期シニアキャストに抜擢される。(※当時の人事制度による名称)
スタッフの育成・指導を行なう職位である「トレーナー」「ワーキングリード」などを務めるなかでトレーニング、現場マネジメントの基礎を学ぶ。
大手不動産系商業施設運営会社にて、施設運営における想定外のオペレーション対応などの学びを重ねる。さらに、リテール業界におけるエリアマネジメント、大型商業施設のお客様相談室/苦情係の現場責任者、外資ファンド系の地方レジャー施設の運営立て直しを経験する。これらのレジャー/サービスの業界では「ディズニーで学んだこと」×「町丸イズム」をフルに活かしたスタッフの育成指導で業績を上げる「運営のプロ」として知られている。
2012年に「ディズニーランド伝説のトレーナーが明かすミッキーマウスに頼らない本物の指導力(こう書房)」出版。2013年には「ディズニーランドであった心温まる物語」にも寄稿。現在は国内外にて町丸イズムをフルに活かした講演やコンサルティング活動を行っている。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME